足の指使っていますか?

※営業電話はこちらへ「080-9196-8045」
※営業電話はこちらへ「080-9196-8045

〒630-8114 奈良県奈良市芝辻町4-5-2 新大宮グリーンビル401
【営業時間】10:00~19:00※完全予約制
【定休日】日曜日※不定休

アルシアブログ

足の指使っていますか?

2019/05/09

こんにちは!(^^)!

アルシア~爪職人~大谷ですheart

いつもブログを読んで下さりありがとうございますm(__)m

 

前回のブログで『足の指が使えていない』ってどういうこと??

と思われた方いらっしゃると思います。

手の指みたいに物をつかんだり、何かを作ったり、と使うわけではありませんが、

足の指には手の指よりもっと重要な任務があるんですcool

またまたおおげさな~って思ったでしょ。

みなさん立つときにどうやって立ってますか?

足の裏を地面につけて立ってますね。

その時に足の指を使わないといけないんです!!

立つということは上から体重がかかります。

体重がかかると足の指は足のアーチと連動してひらき、足の指で踏ん張ります。

でも残念なことにこの動きが出来ている方はほとんどいらっしゃいませんcrying

なぜならが足の指の動きを制限してしまっているからです

最近の靴は足のことを考えて作られていますが、一昔前はおしゃれという事を主としていたので、

靴に足を合わすといった方が多かったと思います。

それと同時に道路も整備されて、踏ん張るという事があまりいらなくなったというのもあります。

筋肉など人間の体は動かさなくなると、動かなくなります。

それが足の指で起こっているのです。

足の指で踏ん張ることができない

     ↓

足のアーチが使えない

     ↓

浮き指になる

     ↓

足の変形(外反母趾・内反小趾など)

     ↓

身体の重心がかかとになる

     ↓

うおのめ・タコ・かかとのガサガサ

巻き爪・肥厚爪などの足のトラブルがおこる

というスパイラルに陥っています。

このままほっておくと増々足のトラブルは進んでいきます。

そうすると歩くことがとてもしんどくなってきます。

そうならない為にどうすればいいか、明日のブログに続きます

 

 

 

 

 

お問い合わせ、ご予約はこちらから